環境マネジメントシステム

基本的な考え方

ゴールドウインは、スポーツと環境を第一に考え、常識を突き抜ける想像力、世界に貢献する革新的な開発で地球環境の改善を目指します。

環境基本理念

私達には、自然と共存し調和ある繁栄を実現する崇高な使命が与えられています。ゴールドウイングループは、スポーツウエアをはじめ各種機能ウエアの企画、製造、販売を通じて環境負荷の低減を目指すとともに、健康総合企業として地球環境にやさしい商品の提供により環境への有益な影響を増進するなど、地球環境保護への姿勢を以下の環境方針に定めます。

環境方針

  1. 事業活動または保有する設備が適用を受ける環境に関する法律、規則およびその他要求事項を遵守するとともに、可能な限り自主基準を設定し、環境の汚染予防と環境保護に努めます。
  2. 事業活動が環境に与える有害な影響を認識し、全社員参加によりその影響を低減し、緑の地球を守ります。
  3. 環境影響を改善するための目的・目標の設定、および見直しを実施し、継続的な改善活動を実施します。
  4. エネルギーおよび資源の使用量・排出量を充分に認識し、限りある地球資源の有効利用、産業廃棄物の削減を実施します。
  5. 持てる経営資源を結集して独自の技術を開発し、人の健康と環境にやさしい商品の開発を推進いたします。
  6. 地球と生物が健康体であり続けるために、自然環境に調和し、地域社会と共存できる企業であり続けます。

環境活動推進体制

「ESG経営推進委員会」のもと、地球環境改善に向けた実践組織として「EMS推進委員会」を設置しています。また、全社の製品や技術開発の中核を担う「開発委員会」の下部組織「GREEN IS GOODワーキンググループ」と連動して、グループ全体での環境への取り組みを推進しています。

EMS推進委員会

「EMS推進委員会」は、代表取締役社長が最高責任を担い、各部の部門長を環境対策における実行責任者とする体制で、全社の活動を推進します。この委員会では、1999年から認証取得しているISO14001に基づく環境管理体制で、事業運営に直結する環境対策を進めています。

開発委員会GREEN IS GOOD ワーキンググループ

開発委員会のGREEN IS GOODワーキンググループは、全社横断組織としてすべてのブランド事業に関わる、ブリュード・プロテイン™に代表される環境負荷低減型素材の開発と、リサイクル素材への転換やリサイクル活動の推進、お客さまの認知拡大に向けたコミュニケーション活動を推進します。

ISO14001認証取得

ゴールドウイングループは富山地区にて、スポーツアパレル業界で初めて1999年11月にISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得しました。環境保全活動・環境配慮商品の開発と省資源による事業効率向上とを両立させるため、2006年2月にはゴールドウイン全事業所がISO14001の認証を取得。さらに2008年7月にはゴールドウインロジテムが、2011年8月にはカンタベリーオブニュージーランドジャパンが、2013年9月にはブラックアンドホワイトスポーツウエアが、同様にISO14001の認証を取得しています。
当社の経営指針の1つである「きれいな経営」を実践し、雇用・経済活動に加え、環境に配慮した商品・サービスの提供を通じて社会に貢献してまいります。

環境における重要課題

当社では、環境負荷低減素材を使用した製品開発、CO2の排出や産業廃棄物の削減、自然環境保全など、さまざまな環境改善に向けた取り組みを進めてきました。そしてさらなる地球環境改善に向け、2021年5月に策定した長期ビジョン「PLAY EARTH 2030」のなかで、環境改善活動の3つの柱を示しました。グループ全体での環境問題へのさらなる取り組みを推進していきます。

環境関連の実績

  2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
環境負荷低減素材
使用製品販売率(%)
12.6 11.0 12.5 13.0 28.6
CO2排出量(t-CO2 7,579 7,565 7,100 3,074 1,292
廃棄物排出量(t) 140 148 147 96 65