脱炭素社会の実現

基本的な考え方

当社は環境方針の中で「環境の汚染予防と環境保護」を掲げており、CO2排出量の削減に継続的に取り組んでいます。東京本社と富山県内の全事業所をグリーン電力化、富山地区での照明LED化による電力消費削減、また業務の改善により、作業の効率化による時間外労働の削減と共に、生産体制における効率稼働、輸送ルートの見直しや積載効率の改善、アイドリングストップなどによる省エネ運転などを通じして、低炭素社会の実現に向けた取り組みを行っています。

再生可能エネルギーへの転換

当社は、2025年の国内全事業所でのカーボンニュートラル実現に向けて、東京本社ならびに富山地区の事業所において積極的に再生可能エネルギーへの転換を進めてきました。その結果、2020年度の国内事業所におけるCO2排出量は、2013年度比79%の削減となりました。今後も日本国内の事業所にとどまらず、直営店でも再生可能エネルギーへの転換を進めていきます。

自社事業所でのエコ発電

富山地区の自社事業所において、今後、自社での太陽光発電設備の設置を含め、自社事業所における再生可能エネルギーの調達による環境負荷の低減と、CO2排出の削減を目指します。

カーボンオフセット

THE NORTH FACEでは、調達物流で排出したCO2について、日本国内や生産国における植林や森林保護活動などの支援をすることで、カーボンオフセットを実施しています。今後は、全ブランドにその活動を広げ、CO2の排出削減とともに、自然環境の保護を推進していきます。