人材育成と従業員のキャリア形成

基本的な考え方

ゴールドウインでは、企業理念およびSPORTS FIRSTの考え方を共有し、常識を突き抜ける想像力と未来を描く創造力を備えた人材を育成することを目的に、各階層別研修と選択型研修制度を整備しています。さらに、従業員のキャリア形成を支援する取り組みとして、キャリアコンサルティングの実施や人事制度の改定を行い、従業員の多様な価値観を尊重し、ステップアップできる環境を整備しています。

階層別研修

当社では、新入社員から管理職層に至るまで、各階層に合わせた教育プログラムを用意しています。2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため集合研修の自粛等が影響しましたが、各部門でのOJTやオンライン研修を充実させるなどの対応により、従来の研修に近い内容となりました。

主な階層別研修

研修 一人あたりの
研修時間
(時間)
受講者(名) 研修目的・内容
2018
年度
2019
年度
2020
年度
新入社員研修 64 31 40 29 企画、生産、販売まで行っているスポーツメーカーの人材として、自分の職種以外の業務を研修で経験し、これからの仕事に生かすことを目的に、新入社員およびキャリア採用の従業員は、当社の研究開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」において定期的に研修を受講しています。アーカイブコーナーで企業の歴史を学ぶとともに、自らスポーツウエアをつくり上げる縫製実習を通じて、ものづくりの基本を学びます。
4・5年目研修 14 19 22 19 自身の対人行動の特長を理解し、他者と絆を深めるポイント(対人関係の社会的能力)を学習します。強い絆を持ったチームのあり方を体験的に理解します。
新任リーダー研修 14 20 24 23 初めて管理職になる従業員を対象に、ゴールドウインの管理職としての基礎知識・ベースつくりを行います。
新任マネージャー
研修
28 32 13 25 ゴールドウインの今後を担うマネージャーとして活躍するために、以下の3点について学ぶ研修です。
①マネージャーに求められる基本的な役割について
②チームを活性化し運営するスキルと、チームメンバーに対する指導・支援スキル
③マネージャーとしての自己理解
労務管理研修 8 87 26 労務管理における法律の知識を正しく習得し、日々の業務に生かすことを目的に実施しています。
【カリキュラム全4回】
①労務管理を取り巻く環境の変化を理解する
②会社を経営するために活用する労働者の種類と活用する際の留意点(概要)
 労働時間・休日・休憩・36協定・休暇・休職
③契約社員・パート・アルバイト・派遣労働者を活用する際の留意点
④ハラスメントのない職場環境をつくる
ビジネスリーダー・
プログラム
90 13 企業の中核人材における多様性の確保を図ることで、持続可能性を実現できる次世代の「ビジネスリーダー」を育成します。30年後の当社のイメージを描き、これからの経営リーダーに求められる役割を学びます。

創造性を育むSchool of S²AT

当社は、従業員一人ひとりの創造性を育む独自の研修プログラムSchool of S²AT(スクール・オブ・サット)を、2020年11月から全従業員を対象に運営しています。S²ATはスポーツ、サイエンス、アート、テクノロジーの頭文字で、実際のフィールドで、さまざまなことを体験しながら直感と感性を磨くことを目的に、各分野の最前線で活躍されている方々を定期的にお招きし、従業員によるファシリテーションで行う、社内大学ともいえるプログラムです。
2020年11月の開始から、2021年8月までに計10回、オンラインでの講習を実施しました。

エコ研修会

ゴールドウインでは、「GREEN IS GOOD」のコンセプトのもと、環境負荷の低減・環境にやさしい商品開発を目指しており、環境に配慮した商品の開発や仕組みを取り入れる事で、持続可能な社会の構築に少しでも貢献していきたいと考えています。環境に対する考え方を統一して、今後の商品企画に積極的に生かせるように定期的にエコ研修会を行っています。毎回環境に関する講演を聞くとともに、テーマをもってワークショップを実施し、環境に対する意識の向上を目指しています。2020年度は有限会社イーズ代表で環境ジャーナリストの枝廣淳子氏を講師にお招きし、「プラスチック問題とゴールドウインがなすべきこと」についてお話いただきました。コロナ禍における開催でしたため、対面では人数を絞り、オンラインでの参加も可能とし、合計で約120人の従業員が受講しました。

接客ロールプレイングコンテスト「セールスコンベンション」の開催

ゴールドウイングループでは、企画開発した商品の機能や用途、更には着用場面や注意点などの情報を、直営自主管理店の店頭を通じて直接お客様にお伝えして、新しい体験をご提案する双方向コミュニケーションに力を入れています。2021年度はコロナ禍のため休止ましたが、年一回実施している接客ロールプレイングコンテストの「セールスコンベンション」を通じて、販売スタッフ自らの接客スキルの向上を目指しています。

従業員のキャリア支援

従業員一人ひとりが、(1)社会の変化から今の自分の状況を客観的に見ることができ、(2)変化に気づき、理解し、自分のなかに取り入れることを体験し、(3)未来を生き抜くための自分自身の力を考える機会を提供するために、定期的にキャリアコンサルティングを実施しています。さらに、定期開催するキャリアワークショップでは個人のキャリアの意識付けを行い、希望者には、個別相談を行っています。2020年度は152名の従業員が参加しています。

ジョブ型人事制度へのシフト

当社では従業員のキャリア形成を支援する取り組みとして、2022年度よりジョブ型人事制度へ移行する計画です。新制度で従業員は、マネジメント職とプロフェッショナル職の二つから、自身が目指すキャリアパスを選択することになります。マネジメント職は、マネジメントのプロとして、組織の進むべき方向性・実現に向けたロードマップを描き、社内の人材を束ね、目標の実現に向けて組織を牽引する人材です。プロフェッショナル職は、豊富な専門知識と高いスキルを活用し、顧客、市場や社会の変化を先読みし、社内に新たな考え方を取り込み、事業の成長を推進する人材です。
新制度への移行を通じて、「従業員の多様な価値観」と「会社が求める人物像」の両立を図り、個々の能力が最大限に発揮される環境を整備します。