コーポレート・ガバナンス

基本的な考え方

当社はタグラインSPORTS FIRSTのもと、スポーツを通じて、豊かで健やかな暮らしを実現することを使命としています。こうした企業としての社会的責任、すなわち法令等の遵守、内部統制の確立、顧客満足度の向上、環境の重視、労働安全衛生の徹底、人権擁護、社会貢献などを全うし、すべてのステークホルダーから信頼され、収益力の拡大ならびに経営体質の強化改善を図り、長期的かつ安定した利益還元を維持することが、事業活動において不可欠であると認識しています。
この基本的な考えのもと、コーポレート・ガバナンスを強化し充実させるため、経営の公正性と透明性の向上、的確かつ迅速な意思決定と効率的な業務執行に努めています。その考えは行動指針「強い、速い、きれいな経営」として、すべての役職員に徹底されています。

各機関の概要

機関 構成 活動
取締役会 議長:代表取締役会長
取締役8名、監査役4名
● 重要案件の審議、経営の監督、経営方針の議論を行う
監査役会 議長:常勤監査役
常勤監査役1名および社外監査役3名
● 取締役の業務執行状況の監査を行う
経営会議 議長:代表取締役社長
取締役会長、執行役員9名、常勤監査役1名
● 業務執行の決定と業務の執行を実施
指名・報酬諮問委員会 議長:社外取締役
社内取締役2名、社外取締役4名
● 役員(取締役、監査役)と執行役員のあるべき姿(役割・権限等)の定義付けと選任
● 解任審議
● 役員の報酬制度の検証
● 役員の後継者育成策の検討
ガバナンス委員会 議長:社外取締役
社内取締役3名、社外取締役2名、常勤監査役1名
● コーポレート・ガバナンスコードの要求事項の実効性向上
● ガバナンス上の重要リスク対策の検討
ESG経営推進委員会 委員長:代表取締役社長
子会社を含む各部門の責任者が参加
● 中期経営計画の掲げるESG経営の推進に関わる重要課題の進捗を確認する

役員報酬

当社の役員報酬制度は、各役員の役割や責任に応じた公正な報酬体系とし、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を促すものとすることを基本方針としています。
客観性の観点から経済情勢や当社業績、他社水準等を踏まえて報酬体系、水準の見直しを行うこととし、さらに透明性の観点から報酬体系、水準等については、社外役員を過半数とする指名・報酬諮問委員会に諮問するものとしています。社内取締役の報酬は基本報酬、業績連動報酬および非金銭報酬により構成し、監督機能を担う社外取締役については、その職務に鑑み、基本報酬のみを支払うものとしています。

取締役報酬等の内容

報酬の種類 給与方式
(固定/変動)
報酬の内容
基本報酬 金銭
(固定)
当社の取締役の基本報酬は月例の固定報酬であり毎月均等に支給します。基本報酬は職位・職責に応じた金額としています
業績連動
報酬
金銭
(変動)
業績連動報酬は、事業年度ごとの業績向上に対する意識を高めることを目的として、社内取締役に対して、各事業年度の全社業績に応じて算出された額を、翌期に毎月均等に支給します
株式
報酬
非金銭
(変動)
非金銭報酬は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上への動機付け、および株主との価値共有の強化を目的として、社内取締役に対して譲渡制限付株式を付与します。付与株式数は、取締役会で、株主総会にて決議した報酬限度額の範囲内において、職位・職責を勘案して決定するものとしています。また、具体的な報酬等を与える時期や条件についても、取締役会で決定するものとしています

2020年度の状況 (2020年4月1日〜2021年3月31日)

役員区分 報酬等の総額
(百万円)
報酬等の種類別の総額(百万円) 対象となる
役員の員数 (名)
固定報酬 業績連動報酬 退職慰労金 左記のうち、
非金銭報酬等
取締役
(社外取締役を除く)
297 297 7
監査役
(社外監査役を除く)
15 15 1
社外役員 51 51 6