健康経営

基本的な考え方

ゴールドウインでは、従業員の健康維持・増進が持続的な企業成長には欠かせないと考えています。従業員の心とからだの健康を守ることは、安定的な人材確保の基盤になるとともに、個人のパフォーマンスや生産性、会社へのエンゲージメントを高め、組織の活性化につながります。「スポーツを通じて、豊かで健やかな暮らしを実現する」という企業理念のもと、従業員が仕事以外の場でもいきいきと活動的に過ごせること、その家族も一緒に健康であることを重視します。こうした考え方を、2021年3月には「ゴールドウイングループ健康経営宣言」として表明し、経営トップの主導によりさまざまな取り組みを強化しています。

ゴールドウイングループ 健康経営宣言

ゴールドウイングループは、「スポーツを通じて、豊かで健やかな暮らしを実現する」ことを企業理念に掲げています。会社と従業員が共に成長を遂げるためには、従業員の心と身体の健康・安全が不可欠であると考え、全ての従業員が安全に就業し健康を保持・増進するための環境づくりを、会社・健康保険組合・従業員・家族が一体となって、積極的に取り組むことを宣言します。

2021年3月

健康経営に関するトップメッセージ

私たちゴールドウインは、従業員が誇りと喜びを持って働ける企業でありたいと考えています。
その前提には、従業員と家族の心と身体の健康保持・増進があり、楽しみを感じながら仕事を続けることで新しい発想や感動が生まれるとともに、一人ひとりの個性や能力が最大限に発揮され、企業の発展や社会への貢献に繋がるという思いがあります。
私たちは、スポーツと環境を第一に考え、仕事と遊びに境界を引かない暮らしを営むためにも、会社・健康保険組合・従業員・家族が一体となって、健康づくりを推進していきます。

代表取締役社長
渡辺 貴生

推進体制

代表取締役社長を健康経営責任者、総務部総務グループ健康推進チームを事務局とする推進体制を整備しています。安全衛生委員会やゴールドウイングループ委員会(従業員代表)、ゴールドウイン健康保険組合と連携し、産業医や公認心理士とも相談しながら、さまざまな施策を実行します。また、各施策についてはESG経営推進委員会を通して経営層へ報告しています。

健康経営推進体制

具体的な取り組み

ゴールドウインでは、従業員が心身ともに健康に働ける環境づくりに向けて、グループ全社において以下の取り組みを推進しています。

産業医面談、カウンセリング

従業員一人ひとりの心の健康に寄り添うため、産業医・公認心理士による相談体制を整えています。メンタル不調の事前防止や適切なフォローを目的に、2021年度には面談・カウンセリング機会の拡大に取り組みました。2021年度上期は、産業医面談の実施回数が前年同期比157%、カウンセリングの実施回数が前年同期比232%となりました。

2021年度施策

施策 内容
対面とオンラインを組み合わせたカウンセリングの全国展開 従来、東京・富山・大阪で実施していた対面面談に加えて、2021年度よりオンライン面談を導入し、全国のグループ従業員が場所を問わずに相談できる環境を確立
メンタル不調者を抱える主管者へ産業医面談を推進 メンタル不調を当事者だけの問題で終わらせないよう、主管者の相談体制を整備
復職支援プログラムの確立 メンタル不調者へのフォロー体制を明確化。リーダー以上の従業員には、復職支援の流れを学ぶ動画研修を実施

禁煙施策

喫煙は生活習慣病にもつながり得るものであり、受動喫煙により本人だけでなく周囲にも影響を及ぼします。ゴールドウインでは、禁煙は健康を守るための基本と考えて、禁煙を目指す従業員を全面的にサポートしています。
2022年4月以降は、グループ全従業員を対象に就業時間内(休憩時、出張・外出時、早出・残業時を含む)を禁煙とする方針です。

2021年度施策

施策 内容
オンライン禁煙外来の設置 より気軽に受診できるよう、2021年度に新設。オンライン診療と禁煙補助薬で段階的に禁煙をサポート
禁煙治療支援 保険医療機関による禁煙治療で、治療完了までに従業員が負担した治療費を全額補助
ニコチネルパッチの無償提供 2020年度までは禁煙を宣言した人のみを対象としていたのに対し、2021年度からは対象者を広げて希望者全員へ提供
メールマガジン配信 毎月2回、受動喫煙の問題などについて取り上げるメールマガジンをグループ全従業員に配信することで、ヘルス・リテラシーを向上

ストレスチェック

従業員自身にストレスへの気づきを促し、職場改善につなげていくため、毎年グループ全従業員にストレスチェック受検を呼びかけています。2021年度の受検率は98.6%となり、前年度の97.8%より0.8ポイント上昇しました。ストレスチェック実施後、高ストレス者には産業医面談を受けることを指導しています。また、部門ごとの集団分析でストレスの度合い・傾向を把握し、カウンセラーと部門責任者による職場改善のための面談を行っています。

従業員の健康促進プログラム

ウェルネスポイント

従業員が健康リテラシーを向上し、自分自身にとって健康に良い行動を選んで実践していけるよう、2019年度より福利厚生の一環としてウェルネスポイント制度を導入しています。この制度では、健康増進につながる行動に伴い、専用アプリ上でウェルネスポイントが獲得できます。ポイントが貯まると好きな商品と交換できるという特典があり、日々の生活の中で楽しく健康習慣を取り入れられる制度として、グループ全従業員の78%がエントリーしています(2021年度実績)。また、ポイント獲得につながる各種イベントも展開しています。

2021年度実施イベント

  • ウォーキングチャレンジ
  • ウォーキングキャンペーン
  • ダイエットチャレンジ
  • RIZAP 5Min室内運動動画の配信

健康教育研修

健康増進への従業員の意識を高めるため、各種教育プログラムの整備を進めています。2021年度には、コロナ禍においてもPCや携帯端末から視聴できるようオンライン研修を強化しました。研修は四半期に一度、「ゴールドウインの健康経営」「健康とは何か」などのテーマについて実施しています。

運動会の開催

毎年、東京・富山の2拠点で社内運動会を開催しています。約600名以上の従業員とその家族が参加する大規模イベントとして熱戦が繰り広げられ、参加者にはMVP賞やハッスル賞などが授与されます。
2021年度は新型コロナウイルス感染拡大を受け、開催を見送りましたが、今後も運動機会を増やし、社内の一体感を深める活動として継続していきます。

部活動の推奨

「スポーツ・ファースト」の精神のもと、従業員のクラブ活動への参加を積極的に推奨しています。野球やサッカー、ウォーキング、釣り、マリンスポーツ、ゴルフ等、約30クラブが活動しており、延べ約700名の従業員(2021年度実績・兼部を含む)がスポーツを通して部署や立場を超えたコミュニケーションの輪を広げています。

感染症予防対策

新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、2021年度は感染予防のために以下の施策を実施しました。

  • 全従業員へのマスク配布
  • 全事業所および、全店舗への手指消毒用アルコール・体温計の設置
  • 全従業員への毎朝の検温徹底
  • 出社制限によるテレワーク推進
  • 新型コロナウイルスワクチン職域接種の実施
  • PCR受検機関の確保と早期受検徹底
  • 不安払拭での抗原検査・PCR検査実施
  • 飛沫防止パーテーションの設置
  • 疑いのある場合の早期消毒措置

健康経営に関する社外評価・認定

ゴールドウインは、健康経営を積極的に推進する企業として、さまざまな外部機関から高い評価を受けています。

健康経営銘柄2022

経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「健康経営銘柄2022」に初めて選定されました。健康経営銘柄は、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む上場企業を選定しているものです。
ゴールドウインは、従業員一人ひとりの時間管理への意識向上を促し、労働時間の適正化や年次有給休暇消化率の目標を達成することで、スポーツの実践機会も増え、心身の健康につなげていることなどが評価されました。

健康経営優良法人ホワイト500

経済産業省による「健康経営優良法人制度」は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。大規模法人部門では、上位法人に「ホワイト500」の冠が付加されます。
ゴールドウインは、制度が開始された2017年から5年連続で、健康経営優良法人に認定されています。また、2021年には4度目となる「ホワイト500」に選ばれました。

スポーツエールカンパニー認定

スポーツ庁による「スポーツエールカンパニー」は、従業員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取り組みを行っている企業を認定する制度です。
ゴールドウインは、制度が開始された2017年度から5年連続で、スポーツエールカンパニーに認定されています。

東京都スポーツ推進企業認定

「東京都スポーツ推進企業認定制度」は、従業員のスポーツ活動の推進、スポーツ分野における社会活動を実施している企業を東京都が認定するものです。
ゴールドウインは、制度が開始された2015年度から7年連続で、スポーツ推進企業認定を受けています。

今後の課題

従業員のさらなる健康増進と健康経営の深化に向けて、今後も取り組みを継続、発展させていきます。各指標・データの分析を踏まえて、それぞれの施策で数値目標の設定を進め、より効果的な実施を目指します。健康リスクの高い個人に対応する「ハイリスクアプローチ」と、組織全体として健康リスクの予防に努める「ポピュレーションアプローチ」の両輪でのアプローチを重視しています。

今後強化していく取り組み

  • 研修・セミナーを通した健康経営の全社への浸透
  • ウェルネスポイントのアクティブユーザーの増進
  • 社員食堂メニューの健康志向化
  • 休憩時間も含む勤務時間中の禁煙
  • 健康・食事管理アプリ導入