環境問題への取り組み

持続可能な社会を実現するために

環境基本理念

私達には、自然と共存し調和ある繁栄を実現する崇高な使命が与えられています。ゴールドウイングループは、スポーツウエアをはじめ各種機能ウエアの企画、製造、販売を通じて環境負荷の低減を目指すとともに、健康総合企業として地球環境にやさしい商品の提供により環境への有益な影響を増進するなど、地球環境保護への姿勢を以下の環境方針に定めます。

環境方針

  1. 事業活動または保有する設備が適用を受ける環境に関する法律、規則およびその他要求事項を遵守するとともに、可能な限り自主基準を設定し、環境の汚染予防と環境保護に努めます。
  2. 事業活動が環境に与える有害な影響を認識し、全社員参加によりその影響を低減し、緑の地球を守ります。
  3. 環境影響を改善するための目的・目標の設定、および見直しを実施し、継続的な改善活動を実施します。
  4. エネルギーおよび資源の使用量・排出量を充分に認識し、限りある地球資源の有効利用、産業廃棄物の削減を実施します。
  5. 持てる経営資源を結集して独自の技術を開発し、人の健康と環境にやさしい商品の開発を推進いたします。
  6. 地球と生物が健康体であり続けるために、自然環境に調和し、地域社会と共存できる企業であり続けます。

ISO14001認証取得

ゴールドウイングループは富山地区にて、スポーツアパレル業界で初めて1999年11月にISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得しました。環境保全活動・環境配慮商品の開発と省資源による事業効率向上とを両立させるため、2006年2月にはゴールドウイン全事業所がISO14001の認証を取得。さらに2008年7月にはゴールドウインロジテムが、2011年8月にはカンタベリーオブニュージーランドジャパンが、2013年9月にはブラックアンドホワイトスポーツウエアが、同様にISO14001の認証を取得しています。当社の経営指針の1つである「きれいな経営」を実践し、雇用・経済活動に加え、環境に配慮した商品・サービスの提供を通じて社会に貢献してまいります。

限りある地球資源の有効利用

当社は環境方針の中で「限りある地球資源の有効利用」を掲げており、省資源活動、原材料使用量の削減を進めています。原材料ロスの低減活動の推進、クレーム・リペア情報からのフィードバックによる設計改善、設備管理・工程管理の徹底、物流梱包資材の削減活動の推進、仕事の仕組み・仕方の見直しによる管理・効率のアップ(業務改善活動)の推進。使用後の製品回収活動再利用システム・製品回収量の向上の取り組みなどを推進しています。

①産業廃棄物の削減
当社は環境方針として、製品・原材料における廃棄処分量の低減を掲げ、その発生抑制と製品の再利用を進めています。廃棄物発生予防へ向けた活動の推進、発注流動管理の徹底、余剰資材の有効活用の推進、製品不良・リコール低減活動の推進、加工ロスの徹底排除、廃棄物の分別、細分化による再利用の推進、5S活動の推進などを通して、産業廃棄物の削減に努めてまいります。

②低炭素社会に向けて
当社は環境方針の中で「環境の汚染予防と環境保護」を掲げており、CO2排出量の削減に継続的に取り組んでいます。東京本社と富山県内の全事業所をグリーン電力化、富山地区での照明LED化による電力消費削減、また業務の改善により、作業の効率化による時間外労働の削減と共に、生産体制における効率稼働、輸送ルートの見直しや積載効率の改善、アイドリングストップなどによる省エネ運転などを通じして、低炭素社会の実現に向けた取り組みを行っています。

環境のためにできることを、GREEN IS GOODのコンセプトのもとで展開

当社では、スポーツ用品メーカーとして環境のためにできることを、GREEN IS GOODのコンセプトのもとで展開。 「GREEN MATERIAL(選んで使う)」「GREEN CYCLE(繰り返し使う)」「GREEN MIND(大切に使う)」を キーワードに、製品づくりから回収・再生の各段階にて、緑の地球を守るための多彩な取り組みを実践しています。

環境に配慮した次世代新素材の共同開発

スポーツアパレルの多くは、石油を原料として製造された合成分子材料(ポリエステルやナイロンなど)を使用しています。これらの素材はその製造過程において膨大なエネルギーを消費するため、温室効果ガスを排出し、その結果大気中の二酸化炭素濃度の急激な上昇による気候変動、また、石油化学由来素材のマイクロプラスチックによる海洋汚染といった環境問題が顕在化しています。石油の枯渇が懸念されている状況において、持続可能な資源へと転換していくことは現代社会に生きる私たちにとっての大きな責任です。
このような地球規模の環境問題に挑むため、当社は2015年よりSpiberと共同で「構造タンパク質素材」の研究を進め、2015年秋には天然のクモ糸を模倣した構造タンパク質素材を用いたアウトドアジャケットのプロトタイプを発表。その後4年間かけて素材の改良を重ね、2019年には構造タンパク質素材「Brewed Protein™(ブリュード・プロテイン™)」を使用したTシャツならびにアウトドアジャケットを「THE NORTH FACE」から発売。さらに2020年には「Goldwin」から、ウールとBrewed Protein™とを混紡したセーターを発売しました。
当社はこの共同開発を通して、自然と人間の関係性について改めて見つめなおし、機能と環境性を高度に両立した全く新しい素材のあり方、製品のあり方、経済のあり方を考え続け、自然と美しく調和する未来のライフスタイルに寄り添うスポーツアパレルをデザイン、提案することによって、人類社会の持続可能な発展に大きく貢献できると信じ、研究開発に努めています。