12月25日にカンタベリーが第2回目の渋谷駅周辺清掃活動を実施

12月25日にカンタベリーが第2回目の渋谷駅周辺清掃活動を実施

株式会社ゴールドウインのグループ会社である株式会社カンタベリーオブニュージーランドジャパンは12月25日(土)、渋谷区のサポートの下、社員及び今回から一部一般の方も参加し、道玄坂、センター街、中央町などのエリアの清掃活動を実施しました。今回の清掃活動は、12月27日(月)から開幕する第101回全国高校ラグビー大会において大会オフィシャルパートナーを務めるカンタベリーから、出場する選手たちへのエールの意味を込めての実施となります。
今回の全国高校ラグビー大会は、1回戦から3回戦まで会場となる東大阪花園ラグビー場に限られた関係者しか入場できないため、会場に行けない方も多くいます。カンタベリーは、離れたところから出場する全てのチームや選手にエールを送り、自分たちの「ラグビー」を存分に楽しんでもらうことを願ってます。

カンタベリーでは11月20日(土)にも同様の活動を実施。その日行われたラグビー日本代表対スコットランド代表の試合に臨んだ選手たちへ遠く日本の地から応援の意味を込め、ラグビー憲章の精神「品位を保ち、情熱を失わず、規律正しく、尊重しあい、結束しよう」に基づいて、カンタベリー社員が「ONE TEAM」となり、清掃活動によるエールを送りました。

カンタベリーはこの清掃活動が、ラグビー憲章の普及とラグビー競技をより身近に感じてもらうための一助になることを目標に掲げ、今後も日本代表戦が開催されるタイミングやラグビーイベントの開催に合わせるなど、応援の意味を込めながら継続して実施していく予定です。

■株式会社カンタベリーオブニュージーランドジャパン
株式会社ゴールドウインのグループ会社で日本国内において「カンタベリーオブニュージーランド」のラグビージャージやスポーツウェア、カジュアルウェアの製造・販売をしています。カンタベリーブランドは1904年にニュージーランドのカンタベリー州にてウールニットメーカーとして創業。日本代表やアイルランド代表など世界のトップチームへユニフォーム供給するなど、世界中のラガーマンに愛用され、信頼されているブランドです。

ゴールドウインは、「スポーツを通じて、豊かで健やかな暮らしを実現する」という企業理念のもと、製品の素材を持続可能な資源へと転換し地球環境を改善することを目指しています。
当社の環境配慮に関する取り組みの詳細はこちら