EXPO / 大会前日のEXPOに衣類回収ブースを出展
(富山市総合体育館)

富山マラソン
Tシャツリサイクルプロジェクト

皆さんから回収した服が、
新しいTシャツに生まれ変わります。

地球環境のために、愛着以外は再生します、
というシステム。

2021年11月6日(土)、富山市総合体育館で行われる富山マラソンEXPOに今年もブースを出展しました。

今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため物販はせず、使わなくなった衣類を回収し、新たに富山マラソンの参加記念Tシャツに生まれ変わらせる「富山マラソンTシャツリサイクルプロジェクト」を中心とした「ゴールドウインの環境アクション"GREEN IS GOOD"」を紹介するブースを出展しました。
ランナーの皆さんから、もう着なくなった服(ゴールドウイン製品以外のメーカーやブランドの服も)を、その質や状態にかかわらず回収しました。結果、695名の方から、678kg(380x550x553mmの箱が37個)、Tシャツ換算で約2,700枚ぶんを回収することができました。これは当社の昨年度の店頭回収分の約5分の1に相当する量となります。お持ちいただいた服は仕分けされ、高純度の原料に戻すケミカルリサイクルによって、その一部が今後の富山マラソン参加記念Tシャツに生まれ変わります。
サーキュラーエコノミーを推進する「富山マラソンTシャツリサイクルプロジェクト」への皆様のご協力、ありがとうございました。

今年の参加記念Tシャツも
サスティナブル!

過去2回の富山マラソンEXPOで回収したTシャツが、富山マラソン2021の参加賞Tシャツとして生まれ変わりました。
ランナーの皆さんから回収したポリエステルの服を石油由来原料と同等品質のポリエステル樹脂にリサイクルした、日本環境設計株式会社のBRING Material?を素材の一部に使用しています。
ゴールドウインでは石油由来原料だけに頼らないものづくりを始めており、持続可能な資源の循環で地球環境の改善を目指します。