エコもテーマに掲げる「第11回甲府国際オープン2013」(ITF・JTA公認)に協賛/”循環型リサイクル”ウエア提供やクリニック開催

山梨から世界へ羽ばたく若者にチャンスを/国内随一のエコ・テニストーナメントを目指して
ITF(国際テニス連盟)、JTA(公益財団法人日本テニス協会)公認

「第11回甲府国際オープン2013」にellesseが協賛
現役トッププロによるレッスン会も開催

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)の 「ellesse(エレッセ)」は、2013年3月18日(月)~31日(日)に山梨県甲府市で開催される「甲府国際オープンテニス2013」を協賛としてサポートします。

「第11回甲府国際オープンテニス2013」はITF(国際テニス連盟)、JTA(公益財団法人日本テニス協会)公認による賞金総額・男女各$10,000の大会で、世界に羽ばたく若手プロ選手に多くのチャンスを提供することを目的とし、地元のテニスファンによる個人サポーター制を導入した、地域一丸で支えるオープントーナメントです。
2010年大会からは大会を通じて地球環境への配慮を意識した、 “エコ”をテーマとしたトーナメント運営を目指し、様々な活動が始まり、主催・運営スタッフ、スポンサー企業、地元テニスファン、選手たちが、ともに”エコ”への意識を共有できる、個性溢れる大会として活動しています。

ellesseは2009年よりこの大会のスポンサーを務め、今年も繰り返しリサイクル可能な”循環型リサイクル”スタッフウエアの提供や、大会期間中、現役トッププロとテニスファンの方々が交流しプレーを体感できる「エレッセチャリティーテニスクリニック」の開催などを行い、大会をサポートします。

■エレッセチャリティーテニスクリニック
テニスファンのみなさんと現役プロ選手との交流、トップ選手のプレーを体感できるチャンスをellesseが提供します。
今年も、選手の飛び入り参加もあります。

開催日程: 2013年3月20日(水・祝)9:00~11:00

対象: テニス経験のある一般・ジュニア(小学生以下のご参加される方は保護者同伴でお越しください)

参加費: 無料
大会賛助個人会員(1000円/1口)に、ご賛同頂ける場合、全額、車いす寄贈運動に寄付します。
参加者にはエレッセより抽選でグッズをプレゼントします。

※参加ご希望の方は、お名前・電話番号・年齢・性別を明記の上、事前に下記までお申込み下さい。
事前に定員となった場合は、当日受付できませんので予めご了承ください。
kofuopen@estclub.co.jp (エレッセチャリティーテニスクリニック事務局宛)

【参考資料】

■甲府国際オープンテニス2013 大会概要
大会名: 第11回 甲府国際オープンテニス2013(男子$10,000・女子$10,000)
開催日程: 女子本戦:2013年3月18日(月)~23日(土)、男子本戦:2013年3月26日(火)~31日(日)
主催: 山梨・国際大会開催委員会
共催: エフエム甲府
公認: ITF(国際テニス連盟)、JTA(公益財団法人日本テニス協会)
後援予定:
山梨県/甲府市/山梨県教育委員会/甲府市教育委員会/山梨県テニス協会/NHK甲府放送局/山梨放送/
テレビ山梨/山梨日日新聞社/朝日新聞甲府総局/読売新聞甲府支局/毎日新聞甲府支局/
産経新聞甲府支局/山梨新報社/エフエム富士/テニス専門誌各社
協賛: 株式会社ゴールドウイン エレッセ/エストテニスクラブ
協力: 山梨学院大学

※その他、大会の詳細はオフィシャルウェブサイトよりご確認いただけます。
http://www.estclub.co.jp/kofuopen/

■国内随一のエコ・テニストーナメントを目指して
地域環境への配慮が一般企業から個人消費までのあらゆる社会活動に求められる今日、多くの人々が集うテニス
トーナメントにおいて大会運営を通じてエコ活動を推進し、より多くの方々の共感を得ることを目的に「甲府国際オープンテニス」は次世代テニストーナメントの在り方として2010年大会より”エコ”をテーマとしたトーナメント運営を試みています。

「テニス大会から始めるエコ活動!考えよう地球温暖化と環境!」
この言葉は山梨学院大学女子テニス部の学生たちが考案しました。山梨学院大学女子テニス部は創設わずか4年で大学No.1リーグへ上り詰め、2012年には全日本大学対抗テニス王座決定試合において4位の成績を収めています。大会期間中は選手として、また大事なスタッフとして大会を彩ります。
そんな彼女たちのテニスライフと大会を通した考え、発見した等身大のアイデアこそが本大会のエコ活動の起点となっています。

・プルタブ回収運動で車椅子を!
テニスでは試合球を開封する際に多量のアルミプルタブが排出されます。
このリサイクル可能なアルミ缶を大量に集めることで、車椅子を購入できる運動があります。
また”Kofu Going Green”と称した各種チャリティーイベントの収益金を併せて、今月には念願の「車いす」を宮島雅展甲府市長に直接、目録とともに手渡すことが出来ました。
http://www.estclub.co.jp/kofuopen/event/188/
当トーナメントでは排出されたアルミプルタブを100%回収し、引き続きこの運動に貢献できるように努めます。

・環境に配慮したスタッフウエアを採用
期間中、大会をサポートするスタッフのウエアはエレッセが開発した繰り返しリサイクル可能な”循環型リサイクル”ウエアを採用。古くなったウエアは回収され、再び次のウエアに生まれ変わる原材料に還元されます。

・ペットボトルの蓋でワクチンを
大会期間中のゴミは100%分別し、再利用可能な資源は有効活用できるようにします。
分別したペットボトルのキャップはNPO法人エコキャップ推進委員会を通じて、世界の子供たちにワクチンを届けられるよう個別回収いたします。

・環境に配慮した素材を採用
大会名物ウエルカムランチ”サンクスランチ”で使用する食器や、
大会運営に必要な紙資材はすべて環境に配慮したリサイクル可能な素材を使用します。

・トップアスリートのサイングッズをチャリティー販売
トッププロのサイングッズを大会会場にて限定販売いたします。売上金を大会エコ活動費に還元いたします。

・近くへの移動は自転車で
近くのコンビニ、銀行、スーパーなど会場周辺の移動には甲府市リサイクルセンターから抽選で購入したリサイクル自転車をご活用いただけます。

・グリーン電力
大会期間中のナイター設備の電力をすべてグリーン電力でまかないます。

・チャレンジ25キャンペーン
チャレンジ25キャンペーンに参加し、CO2排出削減につとめます。

・アスリーツアウトレット開催
不要になった出場選手たちのウエアを事前回収し、チャリティーマーケットを開催!
ウエアのリユースを促進するとともに、売上金はすべてジュニア選手育成のため寄付させていただきます。

*大会オフィシャルウェブサイト http://www.estclub.co.jp/kofuopen/
*「ellesse(エレッセ)」  WEBサイト https://www.goldwin.co.jp/ellesse/

お問い合わせ先一覧


・このリリースについて
(株)ゴールドウイン エレッセ事業部 事業グループ   TEL.03-3481-7280
・企業情報全般
(株)ゴールドウイン コーポレートコミュニケーション室   TEL.03-3481-7250

・「第11回甲府国際オープン2013」について
3月15日まで   山梨・国際大会開催委員会   TEL. 055-222-0040 
3月16日以降   山梨学院横根テニス場   TEL.055-224-1957