子どもたちの未来を語る プロスキーヤー三浦豪太氏×ゴールドウイン渡辺貴生社長

子どもたちの未来を語る プロスキーヤー三浦豪太氏×ゴールドウイン渡辺貴生社長

ファミリーで楽しめる、テクノロジーに触れ自然とのつながりを深めるイベント
「GOLDWIN PLAY EARTH PARK」を東京ミッドタウン芝生広場にて開催中

株式会社ゴールドウインは、4月23日(土)から5月29日(日)の期間、東京ミッドタウン芝生広場にて、「GOLDWIN PLAY EARTH PARK」を開催している。地球を構成する5つのエレメントをテーマにした遊具を建築家とコラボレーションにより作製するなど、子どもたちの遊びが生まれる空間を作り、未来を担う子どもたちにテクノロジーに触れ自然とのつながりを深める体験の場を提供する目的で、子ども、ファミリー層を中心に賑わいを見せている。

■イベント概要
イベント名: GOLDWIN PLAY EARTH PARK(プレイアースパーク)
開催場所: 東京ミッドタウン(東京都港区赤坂9-7-1)芝生広場
開催期間: 2022年4月23日(土)~5月29日(日)
主催: 株式会社ゴールドウイン
営業時間: 11:00~18:00
お問い合わせ: 03-3481-7201(お問い合わせ受付時間:9:00~17:30)
特設サイト: https://playearthpark.goldwin.co.jp/

【関連プレスリリース】

【明日4月23日(土)スタート】 東京ミッドタウン芝生広場で開催するイベント「GOLDWIN PLAY EARTH PARK」 建築家が創り出す5つの遊具から、子どもが主体となり新しい遊びを創造

◆ゴールドウインの次世代を担う子どもが閃く機会の提供

ゴールドウインが掲げる3つのVISIONのひとつに「子供たちの可能性を引き出し、美しい未来を形づくるための閃きと機会を提供する」があり、2021年からは子どもと地球との遊びの関係性をより豊かで多様な可能性に満ちたものにしていくためのプロジェクト「PLAY EARTH KIDS」を開始した。
ゴールドウインではそれ以前から、世界へ挑戦する子どもたちの夢の支援のため、さまざまな活動を行っており、2000年より「ゴールドウイン FIS ユース ジャパンカップ」への特別協賛を通じてアルペンスキー競技者の裾野であるユース世代の環境づくりと選手拡大を支援し、世界へ挑戦する子供たちの夢をサポートしている。
大会を主催するナスターレース協会で理事長を務める、プロスキーヤーであり医学博士でもある三浦豪太氏が3月10日から12日にかけて苗場スキー場で開催された「ゴールドウイン FIS ユース ジャパンカップ 2022」について、大会を特別協賛するゴールドウイン渡辺貴生社長と「次世代育成への想い」をテーマに対談を行った。

対談では、「ナスターレースを通じて子どもたちに伝えているのは、楽しむこと、考えること、そして考えることを楽しむこと。その繰り返しが人生にも繋がっていく」と三浦氏が言えば、「やはり楽しんでやらない限りは、新しいものを見つけようとか上を目指そうとか、いままでなかったことを発見しようとか、なかなか思わないのでは」渡辺社長も呼応した。他にも、子どもに身につけてほしい好奇心を持つことや想像力について、両名の子育てについてなどに言及した。

【対談「次世代育成への想い」動画】

お問い合わせ先


【取材等、プレスリリースに関して】 コーポレートコミュニケーション室 TEL.03-3481-7250