THE NORTH FACEと山梨県北杜市が包括連携協定を締結

THE NORTH FACEと山梨県北杜市が包括連携協定を締結
アウトドアの知見を活かし地域の活性化への取り組みを開始

1月16日、株式会社ゴールドウインが展開する「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」と山梨県北杜市は、ザ・ノース・フェイスのアウトドアへの知見と北杜市の持つ自然環境を活かした地域活性化への取り組みを推進するための包括連携協定を締結しました。

締結式は、北杜市の観光文化施設である三分一湧水館(さんぶいちゆうすいかん)で行われ、北杜市の渡辺英子市長と北杜市ふるさと親善大使で山岳ガイドも務める花谷泰広氏、ゴールドウイン常務執行役員の森光が登壇ました。この包括連携協定の締結により、子供たちに北杜市の魅力を知ってもらうこと、登山道の整備などの環境保護、鉄道の駅からアウトドアフィールドまでのアクセスなどの課題解決に共に取り組んでいく予定です。

渡辺英子市長
『この度の包括連携協定の締結は、「山のまち」北杜市にとって、ザ・ノース・フェイスという力強い味方を得たことになる。子どもたちに「ふるさと北杜」の山々の魅力を伝え、その山を身近に感じてもらう取り組み、さらに登山の楽しさや技術、厳しさも伝えたいと考えている。これからの取り組みが北杜市特有の地域ブランドとして多くの方に関心を持っていただけるよう、大切にしていきたい』

花谷泰広氏 
『今回の締結のより、ザ・ノース・フェイスと北杜市という点と点が線で繋がった。これからは北杜市を構成する様々なリソースと協働し面で捉えていく活動が必要。北杜市のアウトドアフィールドの可能性を存分に発揮できる取り組みを行いたい』

森光常務執行役員
『アウトドアフィールドの豊かな北杜市との包括連携協定を結べたことはありがたいし、大変嬉しいこと。アウトドアの魅力を伝えると共に、次世代を担う子供たちに向けた体験イベントなどの取り組みや、若い世代がアウトドアを通じて環境保護などに興味を持てるようにするなど、社会的課題の解決も一緒に進めていきたい』