CSR トップメッセージ

スポーツの社会的責任を意識し、
より健やかで豊かな共生社会の実現を目指してまいります。

2015年に国連において採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」は、今や多くの企業にとって社会的責任を果たす指標となっていますが、当社は、SDGsの17のゴール各々がつながりを持ち、相互に作用するものと考えて、それぞれの課題に対して目標達成は微力でも、ひとつひとつの地道な活動を積み重ねることが、持続的な社会貢献につながるものと考えます。

昨今、地球規模の環境問題の中でも、プラスチック汚染問題が大きく取り上げられ、G20の環境相会議においても新たな国際的枠組みが設けられました。当社は、持続可能な製品開発の指針である「GREEN IS GOOD」のもと、環境負荷の低い素材の活用や、製品のリサイクルに積極的な取り組みを行っております。加えて、スパイバー社と共同開発し、今年発売をした「構造タンパク質素材」は、環境負荷が低い理想的な素材であり、今後もスパイバー社との共同開発を継続して、持続的な成長と環境負荷の低減に努めてまいります。

また、当社は「スポーツのある豊かな暮らしを築き上げること」を経営理念とし、健常者にも障がい者にも分けへだてなくスポーツを楽しむ機会が与えられる共生社会を目指して、障がい者スポーツをはじめとして、様々なスポーツの支援を行っております。「する人」「見る人」「支える人」の三者を等しく支え、「SPORTS FIRST:スポーツ・ファースト」で、誰もが健やかで豊かに暮らせる共生社会の実現を目指してまいります。

そして、何よりもスポーツを一番に考え、心から愛し、自ら実践し、スポーツのチカラを信じる「SPORTS FIRST:スポーツ・ファースト」という強い想いを持つ社員の安全・安心と健康を支えると共に、強くて、早くて、きれいな経営を堅持して、公正で開かれた企業活動を実践してまいりますので、皆様のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

2019年10月
株式会社ゴールドウイン
代表取締役 西田 明男

株式会社ゴールドウイン
代表取締役 西田 明男